第1回地域創生セミナー報告

第1回地域創生セミナーは、株式会社バルステクノロジーの宮本義昭さんによる講演「衰退先進国からの脱却~日本再生戦略の概観~」をハイブリッド形式で開催しました。

 

日本が抱える課題の解決策の方向性について参加者と議論しました。以下ハイライトをご紹介。

1)課題先進国から衰退先進国へ、そして、先進国陥落へ

2)低い自給率

3)負け続ける産業

4)基幹産業の衰退→円の大暴落へ

5)未来の産業でも先行したのに負け続ける日本

6)上がらない年収

7)フルタイムで働いても、結婚も子供をつくる事も不可能

8)自然災害、警告は発せられるが具体的に進まない対策

9)再エネ適地と電力需要地のミスマッチ解消

10)膨張し続ける国の借金

 

最後に「このままでは、こうなる!」の話が嘘のようで、このままでは本当にあり得る話に思いました。

場面設定:2050年、中国北京市の一般家庭で親子がTV「2000年頃、中国人女性が日本に出稼ぎに行くお話し」を見ている~

子:「どうして先進国の中国から後進国の日本に出稼ぎに行くの?」

親:「昔は日本は先進国だったそうよ。」

子:「あの遅れた国が!だって、紙を使って仕事している非デジタルワカーが80%もいるって。しかも博物館でしか見たことがないFAX、コピー機、プリンターという機械を使っている唯一の国だって(笑)。」

親:「そーねー。あんな国にはなりたくないわね。」

 

★宮本義昭(みやもと よしあき)さん著書★

衰退先進国からの脱却シリーズ1『日本再生戦略の概観』~地球温暖化、地方創生、少子化…、解決策の方向性